このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

技術情報


  放牧酪農(マニュアル)

●放牧草地の管理

1.搾乳牛放牧に適した草種・品種
 頻繁な採食に対して再生力が強く、密度の高い草地を形成する、栄養価や嗜好性が高い、環境耐性や永続性があるなどが挙げられますが、搾乳牛の場合は栄養価が高いことが重要な特性となります。
北海道の東部以外の冷涼な地域ではペレニアルライグラスが推奨されています。
2.出穂性の異なる牧区の配置
 草種・品種によって出穂の早晩性には1か月以上の開きがあります。
出穂性の異なる品種を牧区別に配置することにより、輪換放牧や適期刈り取りがしやすくなり、労働が平準化されます。
3.放牧草地の施肥管理
 搾乳牛は放牧草以外に濃厚飼料やサイレージが給与されますが、摂取した窒素の約70%、リン酸については40~50%、加里では80%がふん尿として排泄されるといわれています。放牧強度によって施肥成分の還元量は異なりますが、過不足のない適正な施肥設計を行う必要があります。
放牧地の施肥は、生産性を平準化するために、春の施肥を控え夏~初秋に重点的に行うようにします。採草地には施肥反応の高い早春施肥が有利です。
牧草優良品種の出稿期(札幌)
草種 品種 草晩性 出穂期(札幌)
オーチャードグラス キタミドリ
5月30日~31日
オカミドリ
6月5日~9日
フロンティア
6月6日
チモシー クンプウ
極早
センボクより1週間早い
ホクオウ
6月下句
センポク
6月下旬
ノサツプ
6月下旬
ホクシュウ
センポクより17日遅い
メドウフェスク ファースト
OGの晩と同じ
タミスト
中~晩
6月中旬ファーストより3~4遅い
トレーダ
ファーストより4~5日遅い
トールフェスク ヤマナミ
Ky31よりやや早い
Ky31
6月中旬
ホクリョウ
Ky31より6日遅い
ペレニアルライグラス リベール
ピートラより14日、フレンドより7日早い
ピートラ
極晩
6月下旬
フレンド
ピートラより7日早い
ケンタッキーブルーグラス ケンブル
5月下旬
トロイ
5月下旬