飼料作物品種・種子情報


  令和4年播種用飼料用イネ種子の当用販売について

■令和5年播種用飼料用イネ種子の当用販売について

 (一社)日本草地畜産種子協会では、令和5年播種用飼料用イネ種子の当用販売を下記の予定にて行いますので、ご協力をお願い致します。

1 当用追加販売受付期間

令和5年1月4日~令和5年1月27日

2 当用追加販売受付数量

別紙1【 種子価格表 】に記載した当用販売予定数量を受け付けます。
受付数量が販売可能数量を超えた場合には品種毎に都府県単位の受付数量で販売数量を按分させて頂きます。

  1. 令和4年産種子

    令和4年産の販売可能数量は概算数値であり、品質確認の結果等により変更することがあります。

  2. 在庫種子

    令和3年以前に生産された在庫種子については発芽検査を行い、発芽率の基準を上回るロットのみを販売致しますので、安心してお申し込みください。

3 申込み方法

別紙2【 当用販売申込書 】に必要事項を記入の上、FAX等で(一社)日本草地畜産種子協会へ送付下さい。
種子の配送時期は、令和5年3月上旬以降を予定します。

4 販売価格

  1. 種子代金

    販売価格は別紙1【 販売価格表 】を参照下さい。
    予約販売価格と当用販売価格は単価を同一としています。
    送料は立替払いとし、種子代と共に請求します。請求書は納品後に郵送しますので、銀行振込または郵便局で振込によりお支払い願います。振込手数料は請求額に含まれていませんので、お客様にてお支払い願います。

  2. 各種割引

    数量割引・取り纏め割引・年会費会員割引を行います。
    数量割引については以下の扱いとしますのでご留意ください。

    • 予約販売又は当用販売については販売区分毎の申込数量に応じて割引します。
      (予約販売数量と当用販売数量の間の合算又はこれら数量と追加販売数量との合算は致しません。)
    • 追加販売については1回毎の申込数量に応じて割引をします。(追加販売では複数回の注文を行っても、合算は致しません。)

    取りまとめ割引とは、各都府県分の請求先全てを各都府県単位で一本にまとめ、そこに一括請求させて頂く場合の割引です。

5 年会費会員割引適用県

青森県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・栃木県・茨城県・群馬県・千葉県・静岡県・石川県・岐阜県・愛知県・三重県・兵庫県・島根県・岡山県・山口県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

(令和4年12月現在)

その他(留意事項)

  1. 飼料用イネ種子は、品種によって『ノゲ(芒)』の精選を行っていない種子がありますのでご了承ください。
  2. 全ての品種において『種子消毒』は行っておりませんので、病虫害対策として、栽培に当たっては的確な種子消毒を行ってください。
    特に『ばか苗病』の発生は『種子消毒』の不備が原因ですので、水温・薬量を確認の上、実施してください。
  3.  『浮き籾』につきましては、収穫期の天候や品種により一定の発生が見られますのでご了承ください。
  4. 低温期における早植または、育苗センターなどで登熟期の異なる複数品種を同時に播種すると水温、気象条件により発芽日数に差が生じ、生育が揃わない場合がありますのでご注意ください。
  5. 「モミロマン」、「ミズホチカラ」、「みなちから」は、水稲用除草剤の成分である「べンゾビシクロン」、「テフリルトリオン」、「メソトリオン」に感受性があるのでこの成分を含む除草剤は使用しないでください。
  6. 栽培用として流通している種子から生産された籾米を、種子として有償・無償を問わず、育成者権者の許諾なしに栽培者へ頒布することは法律(種苗法)により禁止されています。また全ての品種において海外持出禁止(公示 農水省HP 参照)です。
  7. 農研機構が育成した品種を自家用の栽培向けに増殖する場合は、農研機構の許諾条件を順守してください。詳細は農研機構のインターネットサイトでご確認下さい。

問い合わせ先

(一社)日本草地畜産種子協会
担当:山渕
E-mail : yamafuchi@souti-fsa.or.jp
〒101-0035
東京都千代田区神田紺屋町8番地
NCO神田紺屋町ビル4階
電話03-3251-6501   FAX03-3251-6507