助成事業等案内


  助成事業等案内

肉用牛・酪農基盤強化対策(公共牧場活用型)助成実施規程の制定について
- 公共牧場の将来ビジョンを作りましょう -

当協会は、農林水産省の補助を受けて、「将来ビジョン」の作成する公共牧場を支援する事業を実施しており、この取り組みを円滑に推進するため、今般、「肉用牛・酪農基盤強化対策(公共牧場活用型))助成実施規程」を制定しました。
「将来ビジョン」とは、地域の畜産及び公共牧場の現状と課題を踏まえ、中長期的な視点から、公共牧場が目指す姿及びその姿を実現するために必要な取り組みに関する将来構想です。
公共牧場の所有者及び管理者(地方自治体も参加できます。)による積極的な取り組みをお願いします。ご質問やご不明な点がございましたら、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

肉用牛・酪農基盤強化対策(公共牧場活用型)助成実施規程
  (1)関係資料
 
  1. 肉用牛・酪農基盤強化対策(公共牧場活用型)助成実施規定
    別紙様式第1号(事業実施計画等申請書)施行版(令和元年5月17日)[PDF][Word]
  2. パンフレット「将来ビジョンを作りましょう」
  3. よくある質問
  4. 平成31年度畜産生産力・生産体制強化対策事業実施要領
  (2)実施計画書等の提出期限 令和元年6月28日(金)

担当者:(一社)日本草地畜産種子協会
草地畜産部 担当 伊藤雅敏
TEL:03-3251-6501 FAX:03-3251-6507