飼料作物種子品種表示運用基準


  飼料作物種子品種表示運用基準等の制定について

当協会では、平成30年度第3回理事会(11月30日開催)の決議を経て、飼料作物種子品種の表示適正化を図るため、飼料作物種子品種表示運用基準やこれに附属する規程(以下「運用基準等」という。)を制定しましたので、ご案内申し上げます。
この運用基準等の制定は、本年2月に当協会会員が種苗法に違反する表示を行ったことについて、農林水産大臣が当該会員に対する種苗法に基づく報告徴収命令を発出したことを受け、飼料作物の種子の包装及び証票における品種の表示に関する運用事項を定め、飼料作物種子の流通の一層の適正化を図り、種子の需要者である畜産農家を保護することを目的として、飼料作物種子を扱う業界団体として、品種表示に係る自主的なルールを策定するものです。

運用基準等

  1. 飼料作物種子品種表示運用基準
  2. 飼料作物品種表示委員会設置規則
  3. 飼料作物品種名登録審査要領

説明会

平成31年1月10日(終了)

問い合わせ先

一般社団法人 日本草地畜産種子協会
種子部 担当者:布野(ふの)
TEL:03-3251-6501
E-mail:funo@souti-fsa.or.jp