放牧畜産基準認証制度の概要

1.放牧畜産基準認証制度の目的

放牧は、地域の土地資源(草地)を活用した、土―草―家畜が結びついた資源循環型の畜産です。放牧によって健康的に飼養された家畜からは、低コストで良質な畜産物を生産することができます。また放牧は、わが国の食料自給率の向上、国土の有効利用と環境保全、緑空間等の景観の提供、アニマルウェルフェアの向上といった観点からも、その普及推進がのぞまれています。  
   (一社)日本草地畜産種子協会では、このような放牧を取り入れた畜産(放牧畜産)を普及推進するため、放牧畜産基準を制定し、その認証制度を創設することにしました。この制度が、広く消費者から支持が得られるとともに、放牧畜産共通の認証マークの表示を通じて、放牧畜産によって生産される畜産物の生産がより拡大し、ひいては放牧畜産の普及推進につながることが期待されます。

2.放牧畜産基準認証制度の仕組み

畜産は、家畜の成育段階によってその経営が分業化し、それぞれの飼養管理方法には独自の工夫がほどこされ、畜産物が消費者に届くまでには生産者以外の処理・加工業者、製造業者等を経るのが一般的です。

そこで、まず放牧畜産を実践する生産者が順守すべき「放牧畜産基準」を設定し、この基準を満たした放牧を実践する畜産経営を「放牧畜産実践牧場」として認証します。この対象になるのは酪農経営と肉用牛(繁殖)経営です。

つぎに、放牧畜産によって生産される生産物を認証表示するため、追加的な基準として次の個別基準を設定し、それぞれ認証手続きを行います。

すなわち、 放牧畜産実践牧場のうち、酪農経営から生産されるのは生乳です。この生乳を原材料として製造する牛乳を「放牧酪農牛乳」として表示し、販売しようとする場合、「放牧酪農牛乳生産基準」を適用します。同様に、この生乳を原材料として製造する乳製品(ここではチーズ、バター、ヨーグルト、アイスクリームに限定します)を、「放牧酪農チーズ」、「放牧酪農バター」、「放牧酪農ヨーグルト」、「放牧酪農アイスクリーム」として表示し、販売しようとする場合は、「放牧酪農乳製品生産基準」を適用します。それぞれ表示するためには、その基準に基づいて生産されていることを証明するなど、認証手続きを行うこととなります。

また、放牧畜産実践牧場の酪農経営において、放牧期間中に生産された生乳を原材料とする牛乳については「放牧牛乳生産基準」を、乳製品については「放牧乳製品生産基準」を適用し、それぞれの基準に基づいて生産されていることを証明するなど、認証手続きを行うこととなります。

放牧畜産実践牧場のうち、肉用牛繁殖経営から直接生産されるのは子牛です。この子牛を「放牧子牛」として表示し、販売しようとする場合は、「放牧子牛生産基準」を適用し、この基準に基づいて生産されていることを証明するなど、認証手続きを行うこととなります。さらにこの放牧子牛(肥育素牛)は、肥育経営において肥育されますので、生体出荷するまでの肥育段階は「放牧肥育牛生産基準」を適用します。最終的に肥育された放牧肥育牛はと畜、保管、カットされ、牛肉として消費者に販売されるまでの過程については「放牧牛肉生産基準」を適用し、すべての事業者の確認が必要となります。

放牧畜産実践牧場から生産される生産物が、処理、加工、製造されていく過程と、そこで適用される基準と認証表示の対応はに示すとおりです。

3.放牧畜産基準の構成

放牧畜産基準は、上記のことから、①放牧畜産基準、②放牧酪農牛乳生産基準、③放牧酪農乳製品生産基準、④放牧牛乳生産基準、⑤放牧乳製品生産基準、⑥放牧子牛生産基準、⑦放牧肥育牛生産基準、⑧放牧牛肉生産基準、の8基準で構成されます。各基準の概要は次のとおりです。

① 放牧畜産基準:放牧を広く普及推進するために、放牧を実践する生産者が順守すべきガイドラインとして制定します。この基準を適用するのは酪農経営と肉用牛繁殖経営です。当基準に従って放牧を実践する畜産経営(牧場)は、所定の認証手続きを経て「放牧畜産実践牧場」として表示することができます。
なお、この基準が個々に規定する内容は、「1. 目的」にそって必要最小限の順守事項を定めています。従って、この基準は個別に畜産経営者や関係事業者が、より厳格なレベルで放牧を実践することを制限するものではありません。

② 放牧酪農牛乳生産基準: 放牧畜産実践牧場(酪農経営)から供給される生乳を原材料として牛乳を製造し、「放牧酪農牛乳」として表示し、販売しようとする場合に適用します。放牧酪農牛乳は、通常の牛乳と同様に、生乳の殺菌処理から包装する段階まで、衛生管理、品質管理に関する法令をすべて順守し、すべての段階において分別管理が求められます。

③ 放牧酪農乳製品生産基準: 放牧畜産実践牧場(酪農経営)から供給される生乳を原材料として乳製品を製造し、「放牧酪農チーズ」「放牧酪農バター」「放牧酪農ヨーグルト」」「放牧酪農アイスクリーム」として表示し、販売しようとする場合に適用します。
なお、この基準では乳製品の範囲をチーズ、バター、ヨーグルト(はっ酵乳)、アイスクリームに限定します。また、通常の乳製品と同様に、生乳の殺菌処理から加工、製造、包装する段階まで、衛生管理、品質管理に関する法令をすべて順守し、すべての段階において分別管理が求められます。

④ 放牧牛乳生産基準: 放牧畜産実践牧場(酪農経営)において、放牧期間中(ただし放牧を開始して10日後から放牧終了日まで)の乳牛から生産される生乳を原材料として牛乳を製造し、「放牧牛乳」として表示し、販売しようとする場合に適用します。放牧牛乳は、通常の牛乳と同様に、生乳の殺菌処理から包装する段階まで、衛生管理、品質管理に関する法令をすべて順守し、すべての段階において分別管理が求められます。

⑤ 放牧乳製品生産基準:
放牧畜産実践牧場(酪農経営)において、放牧期間中(ただし放牧を開始して10日後から放牧終了日まで)の乳牛から生産される生乳を原材料として乳製品(チーズ、バター、ヨーグルト(はっ酵乳)、アイスクリーム)を製造し、「放牧チーズ」「放牧バター」「放牧ヨーグルト」「放牧アイスクリーム」として表示し、販売しようとする場合に適用します。 なお、通常の乳製品と同様に、生乳の殺菌処理からチーズ、バター、ヨーグルト、アイスクリームに加工、製造、包装する段階まで、衛生管理、品質管理に関する法令をすべて順守し、すべての段階において分別管理が求められます。

⑥ 放牧子牛生産基準:
放牧畜産実践牧場で飼養されている母牛から生まれ、放牧をとり入れて育成された子牛を「放牧子牛」として表示し、販売しようとする場合に適用します。
放牧子牛は、出荷時までに3か月以上放牧されている子牛とします。

⑦ 放牧肥育牛生産基準: 放牧子牛を肥育し、「放牧肥育牛」として表示し、出荷しようとする場合に適用します。この基準では、肥育段階においても可能な限り放牧することを努力目標とし、かつ粗飼料多給によって肥育することを必須要件としています。粗飼料多給による肥育は、地域内の土地資源の有効利用や家畜の健康管理といった観点から、まさに放牧畜産基準の趣旨にかなった肥育方法といえます。

なお、放牧子牛(肥育素牛)は、放牧畜産実践牧場から導入されるのが原則ですが、生産・育成牧場が確認でき、放牧子牛生産基準に従って生産された子牛であることが証明できる場合に限り、放牧畜産実践牧場以外からの導入を認めます。

⑧ 放牧牛肉生産基準: 放牧肥育牛を、と畜、処理、カット等を経て生産された牛肉を「放牧牛肉」として表示し、販売する場合に適用します。衛生管理、品質管理に関する法令をすべて順守し、すべての段階において分別管理が求められます。