放牧肥育牛生産基準

1.家畜の由来

肥育素牛は、放牧畜産実践牧場として認証された牧場において、放牧子牛生産基準に従って生産されたものとする。やむを得ない理由により、放牧畜産実践牧場以外から素牛を導入する場合は、生産・育成牧場が確認でき、放牧子牛生産基準に従って生産された子牛であることを証明しなければならない。

2.肥育

肥育期間であっても粗飼料を多給し、できるだけ放牧を取り入れた方式により肥育する。給与する粗飼料は、放牧畜産基準の6.を順守して経営内または地域内で生産された粗飼料を主体とし、粗飼料給与率は肥育全期間を通じた給与飼料の少なくとも30%以上(乾物重ベース)とする。

3.舎飼時の飼養管理

肥育期間に舎飼いする場合でも、パドックで日光浴や運動を十分にさせるなど放牧畜産基準5.を順守して家畜が自由に行動できるようにする。

4.衛生管理、飼養管理等の記帳・開示

肥育牛の衛生管理、動物用医薬品の使用は、放牧畜産基準8.を、また、飼養管理等の記帳、開示は放牧畜産基準9.を適用する。

5.認証及び表示

当基準1.~4.を順守して肥育した肉用牛に対して「放牧肥育牛生産基準」の認証を受け、「放牧肥育牛」として表示・販売しようとする者は、当該牛が当基準に従って飼養されていることを証明し、別途定める(一社)日本草地畜産種子協会への認証手続きを経なければならない。

6.情報開示

放牧肥育牛については、牛トレーサビリティ制度(牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法)に基づき、要求があれば以下に示す開示区分に従って情報開示するものとする。また個体識別情報は、肥育素牛の導入先(放牧畜産実践牧場等)から適切に引き継ぐとともに、出荷先のと畜、処理・加工、流通・販売事業者に適切に伝達するものとする。

<開示区分>

(1)牛トレーサビリティ制度に基づき公表されている個体識別情報
①(独)家畜改良センターによる個体識別番号
②譲受け等の年月日(放牧子牛の導入年月日)
③譲受け等の相手先(放牧子牛の導入先)
④飼養施設の所在地(都道府県名)
⑤飼養施設における飼養(肥育)開始および終了の年月日
(2)要求があれば開示する情報
⑥譲受け等の相手先(肉用牛繁殖経営)の氏名又は名称
⑦管理者(当該の肉用牛肥育経営)の氏名又は名称
⑧導入した子牛(肥育素牛)に関する情報
・出生年月日、出生地、性別、牛の種別
・放牧形態と放牧期間
・給与飼料
・衛生関連履歴(ワクチン・駆虫薬投与年月日、治療年月日、治療に使用した動物用医薬品及び抗生物質の名称等)
⑨肥育期間(導入・肥育開始の年月日、肥育終了・出荷の年月日)
⑩肥育期間中の給与飼料(粗飼料、配合飼料の名称、給与量)
⑪肥育期間中の衛生関連履歴(ワクチン・駆虫薬投与年月日、治療年月日、治療に使用した動物用医薬品及び抗生物質の名称等)