国土資源を有効活用し、飼料自給率向上、放牧畜産物の生産振興と放牧畜産の普及拡大を図ります。

■掲示板 (協会からのお知らせ)

▼ 2018/08

新規認証(放牧畜産基準)1件について
大矢根牧場(代表:大矢根督、北海道津別町)から申請があった放牧畜産基準に係る申請が認証(A18‐02)されました。これまでに交付された認証の種類と交付先は、こちらをご覧ください。
▼ 2018/06

新規認証(放牧畜産基準)1件について
池田牧場(代表:池田辰実、北海道浜頓別町)から申請があった放牧畜産基準に係る申請が認証(A18‐01)されました。これまでに交付された認証の種類と交付先は、こちらをご覧ください。
▼ 2018/02

継続認証(放牧畜産基準)1件について
小堀牧野組合(代表:田島今朝信、熊本県阿蘇市、認証番号A14-11)から継続認証申請(前回の認証から3年が経過)があり、引き続き放牧畜産実践牧場として認証されました。これまでに交付された認証の種類と交付先は、こちらをご覧ください。
▼ 2017/11

継続認証(放牧畜産基準)8件について
加藤牧場(代表:加藤健治、北海道標茶町、A14‐03)、菊池牧場(代表:菊池信之、北海道標茶町、A14‐04)、駒井牧場(代表:駒井貴仁、北海道標茶町、A14‐05)、佐々木牧場(代表:佐々木裕之、北海道標茶町、A14-06)、長坂牧場(代表:長坂治行、北海道標茶町、A14-07)、高野牧場(代表:高野政広、北海道標茶町、A14-08)、藤原牧場(代表:藤原直輝、北海道標茶町、A14-09)及び村上牧場(代表:村上恵摩、北海道標茶町、A14‐10)から継続認証申請(前回の認証から3年が経過)があり、引き続き放牧畜産実践牧場として認証されました。これまでに交付された認証の種類と交付先は、こちらをご覧ください。
▼ 2017/11

継続認証(放牧畜産基準1件及び放牧酪農乳製品生産基準1件)について
小栗牧場(代表:小栗格、北海道八雲町、放牧畜産基準:認証番号A11-07、代表:小栗美笑子、北海道八雲町、放牧酪農乳製品生産基準/品目:チーズ:C11-01)から継続認証申請(前回の認証から3年が経過)があり、引き続き放牧畜産実践牧場及び放牧酪農乳製品生産基準に係る申請が認証されました。これまでに交付された認証の種類と交付先は、こちらをご覧ください。
▼ 2017/11

継続認証(放牧酪農乳製品生産基準)1件について
(株)飯豊ながめやま牧場(代表:原田陽一、山形県飯豊町、放牧酪農乳製品生産基準/品目:ヨーグルト:C14-01)から継続認証申請(前回の認証から3年が経過)があり、引き続き放牧酪農乳製品生産基準に係る申請が認証されました。これまでに交付された認証の種類と交付先は、こちらをご覧ください。
▼ 2017/10

新規認証(放牧畜産基準及び放牧酪農牛乳生産基準)1件について
株式会社養老牛山本牧場W.E.C(代表:山本照二、北海道中標津町)から申請があった放牧畜産基準及び放牧酪農牛乳生産基準が認証(放牧畜産基準:A17‐06、放牧酪農牛乳生産基準:B17‐01)されました。これまでに交付された認証の種類と交付先は、こちらをご覧ください。
▼ 2017/10

新規認証(放牧酪農乳製品生産基準)1件について
株式会社鳥海高原ユースパーク花立牧場工房ミルジー(代表:小野一彦、秋田県由利本荘市)から申請があった放牧酪農乳製品生産基準が認証(品目:ヨーグルト、番号:C17‐01)されました。これまでに交付された認証の種類と交付先は、こちらをご覧ください。
▼ 2017/09

新規認証(放牧畜産基準)1件について
株式会社坂根牧場(代表:坂根遼太、北海道大樹町)から申請があった放牧畜産基準に係る申請が認証(A17‐05)されました。これまでに交付された認証の種類と交付先は、こちらをご覧ください。
▼ 2017/08

継続認証(放牧畜産基準)1件について
上床牧場(株)(代表:海江田明大、鹿児島県湧水町、A11‐06)から継続認証申請(前回の認証から3年が経過)があり、引き続き放牧畜産実践牧場として認証されました。これまでに交付された認証の種類と交付先は、こちらをご覧ください。
▼ 2017/08

継続認証(放牧畜産基準)4件について
つがる市屏風山牧場(代表:鳴海晴雄、青森県つがる市、A10‐11)、斉藤牧場(代表:斉藤大介、北海道足寄町、A11‐01)、熊本県立南稜高校神殿原農場(代表:柴藤光一、熊本県あさぎり町、A14‐01)及び佐藤牧場(代表:佐藤伸哉、北海道足寄町、A11‐03)から継続認証申請(前回の認証から3年が経過)があり、引き続き放牧畜産実践牧場として認証されました。これまでに交付された認証の種類と交付先は、こちらをご覧ください。
▼ 2017/08

放牧畜産基準(放牧畜産基準)の新規認証4件について
シミズデイリーファーム(代表:清水秀人、北海道新冠町)、青木農場(代表:青木裕一郎、北海道新冠町)、益子牧場(代表:益子浩、北海道新冠町)及び佐藤牧場(代表:佐藤学、北海道新冠町)から申請があった放牧畜産基準に係る申請が認証(シミズデイリーファーム:A17‐01、青木農場:A17‐02、益子牧場:A17‐03、佐藤牧場:A17‐04)されました。これまでに交付された認証の種類と交付先は、こちらをご覧ください。
▼ 2017/06

継続認証(放牧畜産基準)1件について
鈴木牧場(代表:鈴木智志、北海道遠軽町、A12‐01)から継続認証申請(前回の認証から3年が経過)があり、引き続き放牧畜産実践牧場として認証されました。これまでに交付された認証の種類と交付先は、こちらをご覧ください。