イタリアンライグラス|はやまき18

作物 イタリアンライグラス
品種 はやまき18
栽培地 肝属郡錦江町
栽培者 鹿児島県 31
栽培面積/a 30
播種量/10a 4
播種日 2020年10月27日(火曜日)
調査日 2021年3月16日、5月17日
収量/10a/kg① 生草/4,932
乾物/557
乾物率%/11.3
収量/10a/kg② 生草/3,360
乾物/608
乾物率%/18.1
栽培概況 気象・生育・展示 ・肝属南部地域において9月の播種の早まき品種として,高温耐性といもち病抵抗性に優れた品種と判断したことから,地域適応性を確認するために栽培展示する。今回は,圃場の準備状況の遅れや天候の関係で,播種が当初予定の1ヶ月遅れとなった。生育初期にギシギシ(雑草)が出てきたため,ハーモニーによる雑草防除を行った際,イタリアンライグラスの葉先が若干しおれた。2月はじめまでは,草丈25cm程度であったが,2月下旬から急速な伸長が見られた。3/16の初回調査時は,1割出穂始めの状態であった。1回目の収穫日は3月24日。5/17時点では,開花直前であった。また若干茎が太く葉も太い感じであり,下葉が少し蒸れやすい印象を受けた。10a当り乾物収量(2回刈取)は1,165kgであった。肝属郡錦江町の田代地区は,下場(錦江湾沿い)に比べ標高が約200m高い山間盆地に当たることから,気温が下場より3~4度低いと言われている。さらに早まきできる可能性が高い。
撮影図
  • イタリアンライグラス|はやまき18

作物の一覧に戻る

ページ上に戻る▲