イタリアンライグラス+エンバク|きららワセ+たちあかね

作物 イタリアンライグラス+エンバク
品種 きららワセ+たちあかね
栽培地 宮崎市塩路
栽培者 宮崎県 27 
栽培面積/a 30 (混播)
播種量/10a 3+5
播種日 2020年11月14日(土曜日)
調査日 2021年03月19日
収量/10a/kg① 生草/3,950
乾物/549.1
乾物率%/13.9
収量/10a/kg②
栽培概況 気象・生育・展示 ・新品種導入実証展示。本展示ほでは「新品種を導入し展示して地域の飼料増産の普及につなげる」という目的に加え、適切な土壌管理を行うという観点で展示ほを設置。土壌分析結果に基づき普及センターで施肥設計を実施。初期生育は概ね良好であった。堆肥を投入していないほ場であるためか、保肥力が低く、土壌中の養分量が生育後期には不足したと考えられ、収量や栄養価にやや影響しているように思われた。1番草は、3月中旬に出穂期で収量調査を実施した。倒伏、病害は確認されなかったが、収量はやや少ない結果となった。成分分析の結果は、タンパク質の含有量が少ないという結果で、生育期の後半に肥料不足となったのではないかと考えられる。2番草は、5月上旬に梅雨入りしたため収量調査を断念し、農家のタイミングでの収穫を優先することにした。
撮影図
  • イタリアンライグラス+エンバク|きららワセ+たちあかね
  • イタリアンライグラス+エンバク|きららワセ+たちあかね
  • イタリアンライグラス+エンバク|きららワセ+たちあかね

作物の一覧に戻る

ページ上に戻る▲