イタリアンライグラス|Kyushu1

作物 イタリアンライグラス
品種 Kyushu1
栽培地 菊池市亘
栽培者 熊本県 1
栽培面積/a 50
播種量/10a 4
播種日 2020年10月12日(月曜日)
調査日 2021年04月06日
収量/10a/kg① 生草/5,203
乾物/656.7
乾物率%/12.7
収量/10a/kg②
栽培概況 気象・生育・展示 ・当地域において、いもち病抵抗性に優れた極早生品種で、かつ収穫しやすい品種と判断し栽培展示した。調査日の生育ステージは出穂期。生育は全体的におおむね良好であり、いもち病を含めた病害や害虫の発生は確認されなかった。外観について葉幅は広いが、茎はやや細い草姿が観察された。しかしながら、収穫前3月下旬の雨風等によりやや倒伏している様子が散見された。収穫時期の生育ステージは出穂期であり、収穫適期であった。平均草丈は108.4 cmであった。生育期間中、10月~11月は平年に比べ平均気温が高く、12月~1月初めにかけては平均気温が低かった。その後、1月半ば~3月は再び平年に比べ平均気温が高く推移した。2番草の生育も良好であったが、梅雨入りが平年よりも早く、刈り取りが遅くなったため、出穂期以降での刈取となった。1番草は倒伏の影響で刈取り時に刈り残しが部分的に確認された。1番草の機械収穫による収量は120 cmサイズのロールベーラーで9個(10 aあたりで1.8個)生産できた。収穫期間中は晴天が続いたことで、良く乾燥できた。給与時の繁殖牛への嗜好性は良好であった。1番草収穫後の追肥は行わず、2番草の機械収穫(5月29日:開花期)による収量は120 cmサイズのロールベーラーで7個(10 aあたりで1.4個)生産できた。Kyusyu1は栽培者(生産者)が昨年度栽培したきららワセと同様に嗜好性が良く、高評価であった。
撮影図
  • イタリアンライグラス|Kyushu1
  • イタリアンライグラス|Kyushu1
  • イタリアンライグラス|Kyushu1

作物の一覧に戻る

ページ上に戻る▲