2.放牧畜産基準(放牧畜産実践牧場の認証)

問2-31 家畜の飼養管理等について記録するために、とくに指定された記帳様式やシステムがありますか。
(答)
 ここではとくに指定していません。各経営においてすでに採用している記帳様式やシステムを利用するものとし、補足が必要な事項については別途補足して対応することとします。
 例えば、酪農経営に関しては、(一社)中央酪農会議から酪農家に配布されている「生乳生産管理チェックシート」があります。
【解説】

 家畜の飼養管理等の記帳様式やシステムは、個々の経営がもっとも適当と考えるものを採用しており、標準的なものがありません。
 ただし酪農分野においては、(社)中央酪農会議が「生乳生産管理チェックシート」の記帳の普及をすすめています。このチェックシートは、放牧に関する記帳項目はありませんが、それ以外の衛生管理、動物用医薬品等の投薬記録、飼料給与記録、(牧草地での)農薬使用記録、肥料使用記録等について網羅的に記帳することができます。酪農経営の場合、このようなチェックシートを利用することが可能です。

[参考]

  • (一社)中央酪農会議「生乳生産管理チェックシート」(平成19年度版)平成19年4月
  • (一社)中央酪農会議「生乳生産管理マニュアル」平成18年3月
  • (一社)中央酪農会議「指導者検証用マニュアル」
  • 以上、中央酪農会議ホームページ( http://www.dairy.co.jp/archive/seisan.html )