このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

協会行事


  放牧サミット/第9回放牧サミット


配付資料  7.5MB

●テーマ
 「放牧の推進で地域は変わる」-放牧推進の効果とその担い手-
 放牧は、輸入飼料への依存から脱却し、飼料基盤に立脚した循環型畜産を実現する手段として、その推進が重要となっている。このような中、全国各地において水田や耕作放棄地等を活用した放牧、酪農の集約放牧などさまざまな放牧の取り組みが進められており、これらの取組みが地域農業さらには地域社会の維持、活性化にも寄与している。
 今回のサミットでは第1回放牧サミットを開催した岩手県において放牧を推進した効果等を検証し、地域活性化推進の手段としての放牧の役割と今後の放牧畜産の展開方向を探る。 
●開催日時
  平成21年9月16日(水)~17日(木)
●開催場所:岩手県
  (1) 講演会・パネルディスカッション(9月16日)
      岩手県盛岡市盛岡駅西通1-7-1
       いわて県民情報交流センター【アイーナ7階ホール】
  (2) 現地検討会(9月17日)
    Ⅰ 公共牧野コース
    Ⅱ 集落営農~里山放牧コース
●主催
  社団法人 日本草地畜産種子協会
●後援
  岩手県、社団法人岩手県農業公社
●日程
  第1日目 9月16日(水)
  「講演会・パネルディスカッション」
  (受付)
 開会・挨拶
 講演
  「放牧畜産の取組みと地域活性化」
東北農業研究センター研究管理監 須山哲男氏
  「放牧畜産物認証制度について」
(社)日本草地畜産種子協会主幹 上野孝志氏
  休憩
  事例発表
  「急速に拡大>いわての放牧」~岩手県一関地域の放牧推進の取り組み~
岩手県県南広域振興局一関総合支局農林部主任 小川音々氏
  「相の沢牧野、ゼロからの取り組み」~集約放牧による草地管理と経営の改善~
  岩手県滝沢村経済産業部農林課主任主査 田沼政司氏
  「日本短角種の高付加価値化の取り組み」~放牧と粗飼料による高付加価値化~
岩手県岩泉町農林水産課主査 佐々木修二氏
  「パネルディスカッション」
  「放牧が拓く地域農業の未来」
司会:(社)日本草地畜産種子協会放牧アドバイザー落合一彦氏
パネラー:農林水産省生産局畜産部草地整備推進室長 小林博行氏
岩手県県南広域振興局一関総合支局農林部主任 小川音々氏
岩手県滝沢村経済産業部農林課主任主査 田沼政司氏
岩手県岩泉町農林水産課主査 佐々木修二氏
他、講演 者及び事例発表者
 閉会
 懇親会「ホテルメトロポリタン盛岡」
   
第2日目 9月17日(木)
「現地検討会」 08:30~16:35
 Ⅰ 公共牧野コース昼食(くずまき高原牧場もくもくドーム)
    相の沢牧野・くずまき高原牧場

 Ⅱ 集落営農~里山放牧コース昼食(平泉レストハウス)
    大平地域営農活性化組合・須川営農団地
   (Ⅰ)コースは、盛岡出発~盛岡駅経由~花巻空港着
   (Ⅱ)コースは、盛岡出発~一ノ関駅・花巻空港経由~盛岡駅着
 会費
 懇親会費5,000円
 現地検討会参加費(17日昼食代) 1,000円